オブジェクト指向とアロー演算子

オブジェクト指向・・オブジェクト(モノ)を中心とした考え方
          クラス(設計図)を元にオブジェクト(実体)を生成する
          プロパティ・・インスタンスが持つデータ
          メソッド・・インスタンスに関する処理(関数)

アロー演算子・・「->」の記号のことをアロー演算子と呼ぶ。アロー演算子とはクラスのメソッドやプロパティにアクセスするための演算子

例:DataTimeクラスで日付を取り出す

インスタンス(オブジェクト)を生成する際の構文
  インスタンス名  =  new クラス名()
       $date  =  new DateTime();

インスタンスのプロパティを読み出すには
  インスタンス名 -> プロパティ名
echo $date -> format(‘Y年m月d日’);

参考サイト
https://www.flatflag.nir87.com/arrow-249

https://ponk.jp/php/basic/object

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です